レーシック難民について

レーシック難民と呼ばれる由縁

今話題のレーシックにより、劇的に視力が回復して人生が変わってという人は少なくありません。しかし一方で、レーシック難民と呼ばれる人たちが存在することをご存知でしょうか? これはレーシックにより眼や身体に問題が発生しているのに手術したクリニックで対応できず、違うクリニックを転々としている人たちのことです。

レーシック難民が増えている背景

レーシックが普及すると共に、手術できるクリニックも劇的に増えました。そして価格競争が起こり、最近ではかなり安い値段での手術が可能だとしているところも多くあります。もちろんそれらのほとんどは良心的な価格に設定しているだけで、資格があり、技術もあるクリニックばかりです。しかし中には当初の予定通りに治療を行なえず、手術前にはなかった不調が発生するケースもあるのです。そしてそのような失敗をする医師は技術不足であるため、そのようなイレギュラーな症状に対応することができません。その結果、患者側は転院を余儀なくされるのです。

しかし他のクリニックに行けばすぐ問題が解決するかというと、必ずしもそうではありません。イチから診察をやり直す手間、症状の深刻さなどから、確かな技術を持っているクリニックがすぐに受け入れてくれるとも限らないのです。その結果、治療してくれる先生を探して回ることになってしまいます。このような状態はまさにレーシック難民と呼ぶにふさわしいものでしょう。レーシック難民にならないためには、レーシックの失敗例についてもよく理解をしておくことが大切です。

レーシック難民の抱える症状

レーシック難民に起こっている症状としては、以前よりドライアイや疲れ眼がひどくなったり、乱視になったり、遠くは見えるようになったけど今度は近くが見えなくなったり、などが挙げられます。これはクリニック側の問題である場合もありますが、患者本人が術後の衛生状態に気をつけなかったために発生することもあります。視力を上げようとするあまり、角膜を削りすぎているケースですが、元に戻すことができないので中々処置してくれるところを探すのは大変です。尚、いつくかある術式の中でもアイレーシックが一番レーシック難民になりにくいと言われています。ただし、他の術式と比べると値段は少し高めです。

尚、現在最も安全性の高いと言われているのが厚生労働省から唯一承認されているアイレーシックです。アイレーシックの詳細については以下のサイトをご覧下さい。

http://アイレーシックまるわかり.jp/