レーシックとドライアイ

レーシックとドライアイ

レーシックで視力が回復するとしても、一部避けられない副作用があります。合併症のリスクは衛生面に十分注意して信頼できるクリニックを選ぶことで、できるだけ下げることができます。しかしどうにも回避しようがない後遺症もあるのです。その代表的なものがドライアイ。なぜなら、レーシック手術の時に涙を調整するための神経を切断することになるんです。一時的な症状ではありますが、これによってほとんどの人がドライアイになってしまいます。

レーシックと切っても切れないドライアイ

レーシックでは角膜を削るため、後遺症はでないのか心配する人は多いです。眼にレーザーを当てると考えただけでちょっと怖いものですしね。しかし、起こり得る可能性があるというレベルでは後遺症が幾つか挙げられるものの、実際にはほとんど発生していません。しかしながら、ドライアイは別。逆にほとんど必ず発症するものと考えたほうがよいでしょう。

レーシック手術では、角膜を削る際に一緒に涙腺を調節する神経も切ることになります。これはしょうがないものなので、通常数日から数週間経てば再生されて元通りになります。長くても3ヶ月くらいで再生完了するものです。ただ、この期間は一時的に眼が乾きやすくなりますので、こまめにケアすることが重要でしょう。いつも以上に眼を酷使しないように、パソコン作業や長時間の集中を要する仕事は避けてください。ここでケアを怠ると、涙腺の神経が元通りにならず、ずっとドライアイが続くことになってしまうかもしれません。

ドライアイを避けるためには

信頼できる、腕の良いクリニックを選びましょう。必要以上に神経を傷つけずに手術してもらうのが一番良い方法です。また、術後のケアをしっかり行なってくれることも大切です。レーシックは手術自体は数十分で終わる短いものですが、その後ずっと経過を見守っていく必要があります。手術が終わっても親身に助けてくれるところを選びたいものですね。