レーシックとハロ・グレア現象

レーシックとハロ・グレア現象

夜間の車のライトなどが、にじんで見えたり眩しすぎて直視できなかったりする状態、これがハロ・グレア現象です。人間の眼は、夜はよりたくさんの光を取り入れて鮮明に見ようとして、自然と瞳孔が大きくなります。この瞳孔のサイズを暗所瞳孔径といいますが、これには個人差があり、暗い場所で瞳孔が大きくなりすぎる人は、ハロ・グレア現象が発生しやすくなるのです。

なぜハロ・グレア現象が起こるのか

体質として瞳孔のサイズが大きい人もいますが、レーシックのやり方に原因があるケースもあります。現在の一般的な見方では、角膜を削るレーザーの照射径が6.5mmを超えると、ハロ・グレア現象が起こる可能性が高くなるとされています。つまり照射サイズが暗所瞳孔径よりも大きくなるとリスクが高まるというわけです。光が入りすぎてしまうことになるからです。

検査によって瞳孔サイズが大きかった場合、レーシックはあきらめたほうがいいのでしょうか。それは各自が判断することではありますが、この暗所瞳孔径は、年齢を重ねるたびに小さくなっていくのがほとんどです。視力も加齢と共に変化するものですから、少しの期間様子を見ることもできるでしょう。手術できるサイズになってから、というのも賢明な決定と言えます。また、多少は暗い場所で光がぼやけて見えるとしても、それほど気にならないという人もいます。もともと視力が弱く、何ものもぼやけて見えていたのですから、それよりはマシというわけです。

ハロ・グレア現象のリスクを避けていくためには

実際にレーシック手術を受けてみないとハロ・グレア現象が発症するのか、はっきりとしたことは分かりませんが、手術に伴うひとつのリスクとして考慮しておくべきだと言えます。合併症のリスクについてきくと手術を取りやめる人も少なくないため、あまり説明したがらない医師もいます。こちらから積極的に質問し、危険性についてもクリアにしておくべきでしょう。